レーザー脱毛に焦りは禁物

足のムダ毛の処理を自分で毎日行っていた頃、カミソリによる荒れで悩んでいました。
足にはいつも赤いポツポツ・・・。どうにかならないか・・・。
赤くなった肌はかゆくて、我慢できずにかいてしまいまた悪化という悪循環。
そこで、近くの皮膚科にてレーザー脱毛を行うことに!エステ脱毛は効果も低いので今回は医療脱毛にしました。

 

そこにはアレキサンドライトレーザーとYAGレーザーがあり、比較的柔らかい毛にも反応しやすいYAGレーザーを選択しました。
ところが・・・地黒の私にはこのレーザーは結構痛い。骨に「バチーンバチーン!」と直接輪ゴムをはじかれたような痛さ。
キレイになるためには!と照射3回目までは我慢しましたが、4回目でアレキサンドライトレーザーに変更することに。
アレキサンドライトレーザーの痛みは、皮膚に輪ゴムをはじかれたような痛さ。痛くないワケじゃないけど、我慢はできる。

 

これなら・・・と1ヶ月半に一度の照射を行いました。
そして照射7回目。
いつものように照射が終わり、2日程で赤みもひいて、次の照射をまっていたら・・・足に3mm程度の白い点。そう、白斑が両足に1個ずつ!
レーザー脱毛はメラニン色素に反応するため、照射パワーが強いとメラニン色素を破壊してしまうこともあるそう。その時、白い点(白斑)ができてしまうのです。
完全に脱毛ができたワケじゃないですが、ここで焦りは禁物。完璧な脱毛を望むために肌をこれ以上ひどくしてはいけない!

 

私はすぐにレーザー脱毛を終了させました。(これ以上を望むなら針脱毛)
現在、私は3日に1度ほど、T字カミソリで軽く足を撫でるだけでムダ毛の処理を行っています。
以前に比べ処理も楽だし、肌荒れもなく満足です。